So-net無料ブログ作成

ベンツ「本気」のCクラス改良 [経済ニュース]

メルセデスベンツ新型Cクラス予告CM|2014 本田圭佑「メルセデスの本気。」


 メルセデス・ベンツ日本は11日、主力の中型高級車「Cクラス」のセダンを7年ぶりに全面改良して発売した。アルミニウムを約50%使用した新開発のボディー骨格で前モデルと比べ約70キロの軽量化を実現。俊敏な走りとともに、燃費性能も1リットル当たり最大17.3キロと約30%改善した。

 Cクラスは今回で5代目。同日、東京都内で発表会を開いた上野金太郎社長は、「進化という言葉では表現できない変貌を遂げた。メルセデスの本気を存分に感じてほしい」とアピールした。

 ステレオカメラとレーダーセンサーで全方位をカバーする安全支援システムなどの最新技術は、最上級車種「Sクラス」とほぼ同レベル。衝突防止や車間距離の維持などを通じて「部分的な自動運転」を実現したと強調している。新開発のサスペンションでコーナリング時の走行安定性も大幅に向上させた。

 希望小売り価格は排気量1.6リットルの標準モデル「C180」が419万円、2リットルの上位モデル「C250スポーツ」が644万円。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。